結婚相談所の成功率

結婚相談所というのは、名前の通りに結婚を前提とした相手を見つけるための施設なのですが、重要になるのが成功率です。 成功率というのは、出会いを目的としている人は出会えれば成功となるのですが、若い人はともかく、40代以上の人の場合には、 やはり出会いではなく結婚をして成功したと考えている人が多いでしょう。 しかし、実際に40代以上の人が結婚相談所を使用して、結婚まで行ったという人は意外に少なくなっているのです。


もちろんスタッフが相手を見つけて紹介してくれるので、出会える確率は相当高いと言っても過言ではありません。 しかし、結婚までこぎつけた人というのは、40代以上の人の場合には、10パーセントにも満たないと言われているのです。 なぜこれだけ成功率が低くなっているのでしょうか。 その理由は政治家の悪政によって、生活が厳しい人が激増しているからです。 当然40代以上の女性の場合、ある程度収入のある人と結婚したいと考えることが多いでしょう。


バブル期であれば大半の人は40代以上で出世しており、給料も初任給の倍以上に増えているのが一般的でした。 それに対してバブルが崩壊してからは、昇給もボーナスもないという会社が多く、40代になっても初任給の頃とあまり変わっていないという人もいるのです。 中には正社員ではなく、フリーターや派遣社員の人も多いので、高望みすると失敗してしまうのでしょう。 当サイトでは結婚相談所を利用して、結婚までいける成功率や、成功する方法について紹介させていただいています。



《外部サイト》
結婚相談所業界で成婚率NO.1を誇っているサイトで、会員の活動状況が数字で表示され、このサイト作成で参考にしています>>>結婚相談所 成婚率